イーハート支援センター利用の流れ

トップ > 利用の流れ

介護タクシー(=介護保険タクシー)を利用できるようになるまでの流れ、契約後の利用方法

介護タクシーを利用する制度上の基準、ルールなどを説明させていただきます。

利用対象者は?

介護タクシーを利用するには契約が必要となります。ここでは利用の対象となる方利用の対象とならない方について説明させていただきます。

自宅で生活を営まれている方
特別養護老人ホームや老人保健施設、グループホームなどで生活されている方は利用の対象となりません。
要介護認定を受けていて要介護1以上の方
要支援の方は利用できません。
担当ケアマネから必要性があると認められた方
公共の乗物である電車やバスに一人で乗車できる方、車の運転ができる方、家族が通院送迎に対応できる場合などは、必要性が認められない場合があります。
当事業所との契約が完了している方
契約されていない方は福祉タクシー(介護保険以外)となります。
利用合計単位数が支給限度基準額をはみ出していない方
認定区分によって変わる利用限度額

利用開始までの流れ

  1. 担当のケアマネージャーに相談
  2. 担当のケアマネージャーが必要性を判断
  3. 必要性が認められ、イーハート支援センター(文化タクシー)との訪問介護契約締結
  4. 利用開始

前記したとおり、要介護1~要介護5の方が対象であり、要支援の方は対象となりません。
要介護1~要介護5の方でも必要性が認められない場合、利用できません。
必要性の基準として移動・移動など全介助である、家族の介護負担が大きい、家族が対応できない、一人暮らしである、高齢者世帯であるなどが該当となります。
電車・バスなど公共の乗り物に単独で乗降できる方は対象となりません。

契約後の利用方法

  1. 利用者が担当ケアマネージャーに通院先、希望日時を連絡します。
  2. 担当ケアマネージャーが当事業所へ通院先、希望日時を連絡します。利用者から当事業所への連絡は不要です。
  3. 予定日時に当事業所介護員が訪問。通院のための介助を行います。
  4. 原則往復がセットとなりますので、帰りは直接当事業所に連絡をお願いします(行きのみ、帰りのみの利用も可能です)。
  5. 当事業所介護員が病院(歯科・整骨院も可)または薬局に迎えに行き、自宅まで送迎、必要な介護を行います。

通常のタクシーとは異なり、介護職員初任者研修修了者、ホームヘルパー2級研修修了者、介護福祉士など要資格者が対応しますので、お迎えまでに時間を要することがあります。

介護タクシー

介護タクシーの扱いにならないケース

介護タクシーの目的は通院です。

受診目的以外の利用はできません。

担当ケアマネージャーに連絡をしないでの利用。
趣味、理美容、冠婚葬祭、お墓参り、お見舞いなど。
病院から病院への移動←介護タクシーは自宅での介助が前提です。
移送中、スーパ―、金融機関などに立ち寄る、または途中下車する場合←介護タクシーの目的は通院です。
病院到着後、混雑等の理由で受診しなかった場合←介護タクシーは受診が前提です。
病院到着後、休診だと判明した場合←通院は利用者責任でお願いします。全て自費扱いになります。
入退院目的、入院中の外出・外泊、デイサービス・ショートステイの送迎、介護施設入所時退所時などの送迎。
デイサービス・ショートステイサービス利用と同日の通院。半日デイサービスを計画利用の場合、残りの半日での利用は介護タクシー扱いとなります。
交通事故が原因での通院。
移動等の介助ができる家族が同乗する場合←家族が介助できるとみなすため介護タクシーの扱いになりません。

公的手続き、選挙投票などが認められるケースがあります。

ページのトップへ戻る
inserted by FC2 system